Portrait of TIBET(1997)Vintage prints exhibition

有元伸也 / Shinya Arimoto

西藏より肖像(1997)ヴィンテージ・プリント展 /
Portrait of TIBET(1997)Vintage prints exhibition

2022.2.22 (tue) – 2.27 (sun)

Open 12:00 – 19:00

TOTEM POLE PHOTO GALLERYでは、創立メンバーである有元伸也の最初期の作品「西藏より肖像 / Portrait of TIBET」のヴィンテージ・プリント展を開催いたします。この作品は1997年当時、銀座通りの「松島眼鏡店」三階に所在した「銀座ニコンサロン」にて初出展、その翌年には第35回太陽賞に選出され、1999年に出版された有元の初の写真集である『西藏より肖像』へと繋がってゆきます。その後も有元は様々なテーマの作品を発表していますが、デビュー間もない20代の頃のプリントにはその後の創作の原点となる想いが凝縮しています。また2000年代以降、中国経済の急速な発展の影響を受け、チベット人の生活様式や文化も著しく変化してきました。この機会、四半世紀前の世界へのタイムトリップをお楽しみください。

 有元伸也は、人間には風と土が必要であることを教えてくれた。顔とゆー人生、生きていることと対峙する愛情の時間が写っている。写真力が、人生とは愛であることを確信させたのだ。 -荒木経惟

写真集『西藏より肖像』帯文より


会期中の2月26日(土)18:30〜20:00 作者によるスライドトーク「二十歳の頃、僕は写真家になりたかった」を開催いたします(参加無料・定員20名・要予約)。大阪での写真学生時代からチベットでの撮影に至るまでの過程を、当時の記録写真を交えて赤裸々に話します。参加を希望される方は以下のフォームに記載の上ご予約ください。
※イベント当日は会場設営のため、展示をご覧いただけるのは18時までとなります。予めご了承の程よろしくお願いします。

「二十歳の頃、僕は写真家になりたかった」有元伸也スライドトーク
・日時:2022年2月26日(土)18時30分〜
・会場:TOTEM POLE PHOTO GALLERY
・定員:20名

参加無料、要事前予約

※以下のフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください