TOTEM POLE PHOTO WORKSHOP 第一期受講生募集

TOTEM POLE PHOTO GALLERYでは、写真作品制作を行う人々に向けての写真ワークショップを開講いたします。講師による写真講評の他に、ゲストを招いてのトークショーや特別講座、オンラインによる写真史の講義などを行います。またワークショップ最終回のプレゼンテーションで最優秀に選出された作品は、TPPGでの個展開催の権利を得ます。 ≫ WeChat(中文 / 日本語)

TOTEM POLE PHOTO WORKSHOP 第1期

国籍も年齢も違い、また作風や経歴も異なる有元伸也宛超凡、二人の講師の講評を受けることにより、多角的かつ客観的に作品制作に向かうことを目指します。
このワークショップの目標は、参加者全員が半年間で進行中の作品を完成する、または新たにテーマを見つけて創作し続けるということを目指して開催いたします。それを実現するために、担当講師と一緒に写真を選んだり、編集したり、また写真について話し合ったりする場を設けます。その他にも、現在活躍するアーティストと交流できるトークショーや講座などを定期に催します。
ワークショップの最終回では受講生によるポートフォリオレビューを行い、投票で最優秀に選ばれた作品は、2023年10月の一週間の会期、トーテムポールフォトギャラリーにて無料で展覧会を開催することができます。

より多くの人に作品を見せるために、真剣に写真に取り組みましょう。

講師紹介

有元伸也 / Shinya Arimoto

1971年 大阪府出身
1994年 ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業
1998年 第35回太陽賞受賞
2008年 TOTEM POLE PHOTO GALLERYを設立
2017年 日本写真協会作家賞、林忠彦賞受賞


宛 超凡 / Wan Chaofan

1991年 中国河北省固安県出身
2016年 第4回KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD・川場村賞、第5回キヤノンフォトグラファーズセッション・キヤノン賞
2021年 東京藝術大学美術研究科博士課程修了
2021年 第44回写真新世紀・優秀賞
STAIRS PRESS共同創設者

ワークショップ内容

01:写真選びと編集
参加者は毎週写真を持ちより、講師と共に写真を選びます。選ぶ過程を他の参加者と共有しながらがら議論してゆきます。

02:テーマの考え方・探し方
各人の興味があるテーマをさらに深く追求し、テーマを完成します。

03:写真史講座
参加者の考察をさらに深めるために、毎月2回のオンライン講座を開催。世界写真史・東南アジア写真史・中国写真史などの写真史講座と写真家紹介のレクチャーを行います。

04:アーティスト講座
『他山の石以て玉を攻むべし』。写真作品を制作するうえで、ほかのジャンルの芸術を知る必要があります。本ワークショップでは、不定期に他のジャンルのアーティストを招き講座を行います。

05:写真家トーク・フォトレビュー
ゲスト写真家による講座・トーク・フォトレビューを行います。コンセプチュアル写真やストレート写真など、様々な写真の創作方法を紹介します。

06:質問応答
参加者の作品制作時の疑問などをアドバイスしてゆきます。

07:最優秀作品選考
ワークショップ最終回では、作品プレゼンテーションを執り行います。受講者各人が7分間のプレゼンテーションと5分間の質問応答を行い、参加者の投票により今期ワークショップの最優秀作品を選出します。

08:写真個展
最優秀作品に選ばれた受講生は、TOTEM POLE PHOTO GALLERYで個展を開催する権利を得ます。展示期間内には講師を交えてのトークイベントを行います。このトークイベントは TOTEM POLE PHOTO GALLERY の Instagram アカウントでライブ配信します。

ワークショップ日程・費用

6ヶ月間、合計36回

写真を見るワークショップ 毎週土曜日 19:30~22:00(24回)
オンライン写真史講座 隔週月曜日 20:30~22:30(12回)
※時間を延長する場合もあります。

費用:110,000円(全36回のワークショップと、最優秀作品展のギャラリー使用料を含む)

ワークショップ初回の開催日時

2022年11月12日(土)19:30〜22:00

ワークショップ開催場所

TOTEM POLE PHOTO GALLERY
180-0004 東京都新宿区四谷四丁目22 第二富士川ビル1F
TEL: 03-3341-9342
Mail: info@tppg.jp

お申込みフォーム

第一期の募集は終了しました。第二期の募集をお待ち下さい。(2023年2月頃を予定)