TPPG
Totem Pole Photo Gallery
news exhibitions member rental about the gallery links
NEWS
2008  / 2009  / 2010  / 2011  / 2012  / 2013  / 2014 / 2015  /  2016  /  2017 /  2018 /  2019 / 2020

2020.9.13

newshiroseLocalizedimagefes

ギャラリーメンバー 広瀬 耕平が9月12日より中国 貴州省にて開催されるLOCALIZED IMAGE

FESTIVAL2020にて展示を行ないます。

 

・LOCALIZED IMAGE FESTIVAL2020

Venue Longli,Guizhou

Opening Data September 12,2020

Producer Ding Chan

Chief Curator Duan yuting

Director Zhang Yi

2020.9.3

dengaiDwellingUnit01

現在ギャラリーメンバー 田 凱 展 「Dwelling Unit」が開催中ですが、本展について京都写真美術館のウェ

ブサイトにインタビューを掲載していただきました。是非ご一読ください

 

京都写真美術館

2020.9.3

newsdenmeguro

9月2日より目黒区美術館 区民ギャラリーにて開催されるグループ展 「Object」にギャラリーメンバー 田凱が参加いたします。

9月5日17:00~よりトークイベントも併せて開催されます。ご予約は以下のHPよりご確認ください。

「Object」

会期:2020年9月2日(水)~2020年9月6日(日)(最終日は16:00まで)

田凱、野々山裕樹、高見彩花による写真家ユニット「AND」主催の作品展。

 

目黒区美術館 区民ギャラリー

2020.9.3

newsfuchikamiponcame2020

ギャラリーメンバー 淵上裕太が現在販売中の日本カメラ 20年9月号 The Nude2020にて作品が掲載されて

おります。是非ご一読ください。

 

日本カメラ

2020.9.3

newsarimototd2019

ギャラリーメンバーの有元伸也がTPPGにて開催した個展「Tokyo Debugger 2019」についての飯沢耕太

郎氏による写真展評が、アート情報をお伝えするWebマガジン「artscape」9月1日号に掲載されていま

す。是非ご一読ください。

写真集「Tokyo Debugger」はZen Foto Galleryより10月中旬発売予定です。

 

artscapeレビュー

2020.6.28

newsmatsubaramurakami

松原豊「Local public bath "Sento"」展において、展示作家松原豊さんと日本カメラ編集部村上仁一さんと

のトークショーを下記日程にて開催いたします。

イベントは予約制です。下記の参加申し込みフォームから登録をお願いいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2020Local public bath "Sento"展トークライブ

「写真×浴場♨️トーク」  松原豊(写真家)×村上仁一(日本カメラ編集部)

日時:2020年7月17日(金) 19:30〜

場所:トーテムポールフォトギャラリー

参加費:1000円

定員:15名

 

参加申し込みフォーム

2020.6.28

newskaieya

延期となっていた、ギャラリーメンバー 甲斐啓二郎のニコンサロンでの展示が下記の日程で開催されま

す。

皆様お誘い合わせの上、どうぞご来場ください。

 

会場:大阪ニコンサロン

日時:2020年7月9日(水) - 7月15日(木) 10:30 - 18:30

   日曜日休館、最終日は15:00まで

住所:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13F

 

会場:銀座ニコンサロン

日時:2020年8月26日(水) - 9月8日(木) 10:30 - 18:30

   日曜日休館、最終日は15:00まで

住所:中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F ニコンプラザ銀座内

 

ニコンサロン

2020.6.23

newshiroseblacklivesmatter

ギャラリーメンバー 広瀬耕平がBlack Lives Matterのためのチャリティープロジェクトに参加しておりま

す。6月19日から7月20日迄開催。

Japanese Photographers 4 Black Lives Matterは、人種差別に反対し、インクルージョンや平等に積極的

に取り組んいる組織や団体の募金活動を支援するために設立されました。

制度や世の中の意識を変え、人々に積極的な行動をとってもらうには、一人一人が一斉にアクションを起こ

す必要があります。このプロジェクトと私たちのとる行動が、「変化をもたらすために自分には何がきる

か」と自問自答するきっかけになることを願っています。人種差別は、私たち全てに関わる問題す。 国

境を越えて手を差し伸ること、地域社会とグロールコミュニティの双方において、人種差別や不正が

起きているあらゆる場所力を合わせて立ち向かう責任を持つことを私たちは目指してい

ます。

このプロジェクトを共に実現するにあたって、参加した写真家たちはこうした目標へのコミットメントと、

支援の機会に対しての感謝の気持ちを示しています。

 

Japanese Photographers 4 Black Lives Matter was created to help raise funds and awareness for

organizations and causes that take an active stance against racism and for inclusion and equality.

Changing systems, raising public awareness, and compelling people to take action happens one

person at a time.

We hope that this project and the initiatives taken by others can inspire us all to ask “What can I do

to bring about change?” Racism is a problem for all of us—by reaching out across borders, we aim

to be accountable to both our local and global community, joining forces against racism and

injustice wherever it occurs.

In bringing this project together, the participating photographers have expressed their commitment

to these goals and appreciation for an opportunity to help.

 

Japanese Photographers 4 Black Lives Matter

2020.6.11

newsdengaicoronanoharu

ギャラリーメンバー John Sypal、田凱の2名がコミュニケーションギャラリーふげん社にて開催されるグ

ループ展「東京2020 コロナの春〜写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本〜」に参加いたします。

■展覧会概要

緊急企画展「東京2020 コロナの春」

写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本

会期:2020年6月11日(木)〜6月28日(日)

火〜金 12:00-19:00

土・日 12:00-18:00

5/26(金):12:00-21:00(ナイトギャラリー)

企画・会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12

TEL 03-6264-3665

CLOSE 月曜日

HP: https://fugensha.jp/

出展作家(五十音順)

Area Park、大西みつぐ、オカダキサラ、蔵真墨、GOTO AKI、小林紀晴、佐藤信太郎、John Sypal、田

口るり子、土田ヒロミ、田凱、中藤毅彦、新納翔、橋本とし子、普後均、藤岡亜弥、港千尋、元田敬三、山

口聡一郎、Ryu Ika (計20名)

 

コミュニケーションギャラリーふげん社

2020.5.16

newskaiasahishinbun

2020.5.16の朝日新聞朝刊文化面にて、ギャラリーメンバー甲斐啓二郎の写真集『骨の髄』の書評が掲載さ

れております。

評者は、米国研究者・生井英考氏です。

朝日新聞のウェブサイト「好書好日」にて掲載文を読むことできますでの、どうぞご一読ください。

 

好書好日

2020.5.7

newskaiyoshitaka

写真評論家・高橋義隆氏によるnoteにて、ギャラリーメンバー甲斐啓二郎の写真集『骨の髄』について、

写真家・村上仁一氏の『地下鉄日記』、内藤正敏氏の『東京』を対比させ、文章を寄せていただきました。

4回に分けて掲載されています。

下記リンクより、どうぞご一読ください。

 

高橋義隆氏 note

2020.4.20

newskaicapa2005

学研「CAPA5月号」にて、「写真評論家・鳥原学がオススメする10冊」のコーナーで、ギャラリーメンバ

ー甲斐啓二郎の写真集『骨の髄』をメインで取り上げて頂いております。

書店にてお手にとってご覧ください。

 

CAPA

2020.4.15

newskaiartscape2004

美術館・アート情報のWebマガジン「ART SCAPE」にて、写真評論家・飯沢耕太郎氏が、ギャラリーメン

バー 甲斐啓二郎の写真集『骨の髄』を取り上げて頂いております。

どうぞご一読ください。

 

ART SCAPE

2020.2.25

newskaiyartgallery

ギャラリーメンバー 甲斐啓二郎が韓国 ソウルのYARTGALLERYにて個展を開催いたします。

お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

 

甲斐啓二郎 写真展「Shrove Tuesday & Opens and Stands Up」

場所:YARTGALLERY

住所:ソウル特別市 瑞草區 良才洞 97-4 B1

期間:2020年 3月 6日 (金) - 2020年 3月26日(木) 10:00 - 19:00(日曜日休廊)

 

YARTGALLERY

2020.2.21

newskaicharanga1

2月20日発売の日本カメラ」の口絵に、ギャラリーメンバーの甲斐啓二郎の作品「Charanga」が掲載

れております。どうぞお手にとってご覧ください。

 

日本カメラ