TPPG
Totem Pole Photo Gallery
news exhibitions  member  | rental about the gallery links
MEMBER >> 関口直樹 水島貴大 >> Long hug town #2
MizushimaLongHugTown21a
MizushimaLongHugTown22
MizushimaLongHugTown23
MizushimaLongHugTown24

Copyright © 2016 Takahiro Mizushima All Rights Reserved.

水島貴大 / Takahiro Mizushima

Long hug town #2

 

2016.11.29(tue) - 12.11(sun)

Open 12:00-19:00 Closed Mondays

 

 

小学生の頃、近所の池の周りを泣きながら歩くおばさんがいました。

下校の時間になるとたびたび現れるそのおばさんは、いつも蒼白い頰に涙を伝わせながら歩いているの

です。「旦那さんが事故でなくなった、いや、子供が事故でなくなった、いや、さてはこの世のもので

はない。」私たちに言えるだけの憶測をかわしながら、たびたび現れるそのおばさんについて、幼いな

りに理解しようと試みていました。

「話しかけてみようよ。」あのときそう言ったのは自分ではなかったと思うし、それを実行したのも自

分ではありませんでした。わたしは物陰で中身の詰まったランドセルを押し合いながら好奇心だけでそ

こにいる、臆病でつまらない子供でした。

じんわりと掻いた汗で思い起こせるのはそのときが夏だったということで。坂の多いこの町の高所から

見える雲がうねりのように襲いかかってくるようだったこと、そしてそれはやはり夏だったということ

です。

あの日、「なんで泣いているんですか?」と声をかけた少年の背中に、鼓動が胸をつきやぶるような気

付きがあって、そうして一瞬時間が止まったような記憶の中で、ひょっとしたらおばさんに声をかけた

少年は自分だったのかもしれないと錯覚するようになりました。

町の暑いうねりの中で、ひとけのない一本道に二人たたずんでいたのは、屈託のない私と泣いてるおば

さんだったらいいのになあと。そんなことを考えながら日々を過ごしていました。というのも、このあ

いだその人を見かけたような気がして、でも泣いてなくて、たたずんでるわけでもなくて、ただ歩いて

いて、前を向いて。

 

全63点 カラーとモノクロ

 

 

Profile · Past Exhibition

http://mizushima-takahiro.com