TPPG
Totem Pole Photo Gallery
news  exhibitions   | member rental about the gallery links
PAST 2009 >> 下薗詠子
shimozono
Copyright(c) 2009  Eiko Shimozono

下薗詠子 / Shimozono Eiko

絆の肖像

 

2009.9.1(tue) - 9.6(sun)

9月1日、18時~20時オープニングレセプションをおこないます。お気軽に参加下さい。

 

『絆の肖像』

 

写真にも音色があって、心を澄ますと聴こえてくるよ。

 

フィルムに刻まれた命の息吹は光となって色付きはじめた。

粒子は音符に変わるんだ。

 

だから、私はタクトを握り、写真達の指揮者となった。

 

光と闇の、そして生と死のメトロノームは激しく揺れて、

私はバランスを失った。

 

いつしか写真を撮るという行為は、苦しみから解放される唯一の手段となり、

鎮痛剤あるいは解毒剤的役割を果たしていた。

 

撮る程に、呪縛の如きカルマから解き放たれ、浄化されてゆく。

 

『光と繋がりたい、繋がり直したい』  

 

改心すべく、切り刻んだ瞬間やあらゆる傷を繋ぎ直した。

振り返ると11年という歳月が経っていた。

 

それまでの間、私の撮った写真達は、ひそやかに時が満ちるのを待っていた。

眠りから覚めた写真達は、一斉に「絆」という旋律を奏でてくれた。

そして、そっと教えてくれた。

深い絆を知るために今まで傷つき苦しんだことを、

魂の繋がりを求めていたことを。

 

相手との人生が重なり合った一瞬の尊みが今になって心に沁みる。

 

街を彷徨いいつか出会うあなたを求めた。

 

 

 

 

下薗詠子 (Eiko Shimozono)

1979年 鹿児島県生まれ

1999年 九州ビジュアルアーツ専門学校卒業

2000年 同校研究科卒業

          グループ展「視る事への回帰」(アクロス福岡)で『花』出品

2001年 「新しい写真家登場」(新宿コニカプラザ)で『現の燈』出品

2002年 写真展『現の燈』(大阪ビジュアルアーツギャラリー)

2007年 写真展『WATER』(namu-)

          在学中より音楽・スポーツ雑誌やCDジャケットを中心に活動。現在に至る。

 

※下薗詠子オフィシャルサイト http://eiko-shimozono.com/